子どもの夜間・休日の急な発熱や怪我の時はダイヤルサービス「♯8000」でまず相談!


子供の急な熱や怪我は子育てをしていると必ずおこる問題です。
特に1人目の子どもであったりとか小さなこどもの場合は、子どもいじょうに親があたふたして正確な処置ができない場合が多々あります。
特に嘔吐があったりとか、けいれんなどが伴うと病院にいくべきなのか、家でゆっくり寝かせるべきか、それとも救急を要する場合かなど一般人には判断の難しい状況があります。

そのような時のために「小児救急でんわ相談」というダイヤルサービスがあるのをご存じでしょうか?
「小児救急でんわ相談」の番号は「♯8000」です。

「小児救急でんわ相談」とは?

このサービスダイヤルでは、小さなお子さんをお持ちの保護者のかたが、休日・夜間の急な子どもの病気にどう対処したらよいかわからず、病院へ連れて行った方がよいのか、家で様子をみてもかまわないのかなどの判断に困った時に電話で小児科医師・看護師に相談できるというものです。
このサービスは全国どこからでも「♯8000」に電話をかけることにより、お住いの都道府系の相談窓口につながり、小児科医師・看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院などを紹介してもらえます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

小児救急でんわ相談の使い方

非常に簡単です!

1. 休日や夜間など病院が空いておらず、子どもが頭をぶつけた、急な発熱、嘔吐、けいれんなどの症状があらわれた場合、電話で「♯8000」にかける。
2. 医師か看護師が対応してくれるので、できるだけ詳しく症状を説明する。
いつから?どこで?だれが(年齢、身体的特徴など)どんな症状?どの程度(の熱)?
たったこれだけです。
対応してくれる医師もしくは看護師が、家で様子をみるべきなのか?病院へ行くべきなのか?どこの病院へ行くのかを案内してくれます。

専門家に相談できるので大変安心ですね。

携帯電話からでもつながるの?

全都道府県で携帯電話やスマートフォンからでもこの「♯8000」は利用可能です。

利用できる時間帯はいつ?

多くの自治体では夜17:00から翌朝8:00までのところがほとんどですが、都道府県によって違います。
正確な時間帯の一覧が下記のurlに記載されていますのであらかじめ確認しておいてください。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

本記事は厚生労働省のホームページを参照しました。