全くの初心者がフルマラソンを目指すときに必要な準備!

昨今のマラソンブームでランニング人口は増加の一途をたどっています。しかし、ランニングを始める人の増加とともにランニングを諦めてしまう人も多いのが現状です。特に初心者は練習法がわからなかったり、モチベーションを維持することができず、すぐに断念することがあります。初心者の練習方法についてはまた後ほど紹介することにして、今回は初心者がフルマラソン完走を目指すにあたり、最初にしなくてはいけない必要な準備について紹介したいと思います。

1.とにかくマラソン大会にエントリーする

ランニングを続けるモチベーションを維持するために必要な最初のことはランニングシューズの購入よりも何よりも目標となるマラソン大会を決め、エントリーをしてしまうことです。マラソン大会にエントリーするには安くても3000円、高いと1万円を超える費用が必要です。お金を支払うことで実際にランニングを始めなければという気持ちになり、また目標のマラソン大会を完走するにはどのようなレベルまで鍛えないといけないかということが明確になります。また、マラソン大会を選ぶときには制限時間を確認することが大切です。初心者にとって42.195kmもの長い距離を走るということは未知の世界です。どんなに体力に自信がある人でも初心者は制限時間6時間以上の大会を選ぶと良いでしょう。

2.マラソンシューズを購入する

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

目標が設定できれば、次は実際のランニングの準備です。ランニングにはシューズを含め、ウエア、時計、ポーチなど色々なグッズがあります。しかし、とにかく初心者はランニングシューズを購入しなくてはなりません。初心者がランニングを習慣づけるにはとにかく怪我を回避することが第一です。安全にランニングをおこなうにはランニング専用のシューズを使用することが何よりも大切になります。初心者にはアシックスかアディダスのシューズがおすすめでしょう。このブログでもレベル別のランニングシューズを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

3.スマートフォンのランニングアプリをインストールする

スマートフォンはランニングにおいて非常に大切なツールになります。特にランニングを始めたばかりの人はどのくらいの距離を走っているのか、どのくらいの速さで走っているのか、練習が活かされているのかなど全くわかりません。そこでスマートフォンのランニングアプリが必要になります。スマートフォンに搭載されているGPSで走った距離、時間、速度、さらには走行した地図などを表示でき練習記録を自動で残すことができます。特に初心者は練習を重ねるほど、面白いように距離や速度が上がりますのでそれを実際に数値で表すことは何よりのモチベーションの維持につながります。ランニングアプリとしてはRunKeeperが使いやすく、パソコンとの連携も簡単でおすすめです。

以上、3点がとにかくランニングを続けることに必要な準備になります。初心者の練習方法やその他のランニンググッズについてはまたの機会に紹介したいと思います。