XserverとWordPressでサイトを作る!

新しくサイトを作るにはXserverとWordPressの組み合わせがオススメです。
無料サーバーを利用するのもひとつですが、無料サーバーとWordPressの組み合わせでは作動動作が遅く、エラーがでることもしばしばあります。また、グーグルアドセンスや楽天市場、アマゾンなどのアフィリエイトを利用する場合も無料サーバーよりも独自ドメインを利用できるXserverが優れています。特にXserverにはWordPressの自動インストール機能もついており、相性抜群です。

1. Google アカウントを作成する
すでにgoogleアカウントを利用しているユーザーもブログ用にアカウントを作成することをおすすめします。

2. Xserverサーバーアカウントの作成
サーバー契約にはX10(スタンダート)、X20(プレミアム)、X30(プロ)の3種類のプランがありますが、よほどの巨大サイトでない限り、X10プランで十分です。特に初めてサイトを作る場合などは、最も安価なX10プランを選択しましょう。

3. Xserverサーバー料金の支払い(16,200円)
サーバーの初回契約には初期費用(3000円税抜)とご利用料金(12ヶ月12000円税抜)が必要になります。支払いには銀行振込、クレジットカード、コンビニ払い、ペイジーが可能です。契約期間を更新する場合は、期間に応じたご利用料金を支払わなければなりません。ブログでアフェリエイト契約をしている場合などは自動更新にしておくことをお勧めします。

4. Xserverドメイン取得
サーバーを契約すればサイト作成が完了すると思われる人もいるかもしれませんが、サイトの作成にはサイトの住所となるドメインを取得する必要があります。Xserverには有名どころの.com、.net、.jpなどが揃っていますが、ドメインによっても金額が異なるので最も安いものの中から選ぶと良いでしょう。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

5. Xserverドメイン料金支払い(1,620円)
実はこのドメインの取得にはサーバー料金とは別にドメインの取得にも料金がかかります。Xserverでは最も安いもので1年間1500円税抜、高いもので1年間7000円税抜などがあります。クレジットカード払いの場合、支払い後約2日間ほどサイトの作成に時間を要します。
※下記のメッセージがでている間はまだサイトの登録中です。しばらくお待ち下さい。