ランニングシューズ 〜2017年アシックス編〜

ランニングシューズといえばアシックスという人も多いのではないでしょうか?アシックスのランニングシューズは何と言っても性能面、機能面で他メーカーを圧倒する仕上がりとなっています。ただし、ランニングシューズと言っても色々な種類があるため、どのシューズを選べばよいのか悩む人も多いはず。今回は、2017年に発売中のアシックスのランニングシューズについてご紹介します。

 

JOG 100 2

レベル:ウォーキングから始めたい人用におすすめ
見た目:すこしダサい
耐久性:良い

とにかく安くシューズを揃えたい人はまずこのJOG100-2を使うことをおすすめします。しかし、安価だからといって質が悪いわけではありません。本格的なランニングは未経験で、続けられるかどうか心配している人に最適です。

 

GEL-KATANO 24

レベル:ランニング初心者からサブ6に挑戦する人におすすめ
見た目:ランニングシューズとスニーカーの間くらい
耐久性:かなり良い

本格的にランニングを始めたい人がまず選ぶべきシューズです。何と言ってもクッション性、足首のホールド感、耐久性が抜群です。クッション性の追求のため重量は重くなっていますが、ランニングを開始したばかりの人にはこのクッション性が怪我を防ぐためには必要になります。

 

GT-NEWYORK 5

レベル:サブ6からサブ5に挑戦する人におすすめ
見た目:普段使いにも使用可能
耐久性:良い

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

世界で最も売れているランニングシューズです。とにかく、どのシューズを選んで良いのか分からない人はこのシューズを選びましょう。

 

LYTERACER TS、LYTERACER RS

レベル:サブ4.5からサブ4に挑戦する人におすすめ
見た目:普段使いはできないランニングシューズらしい色使い
耐久性:中程度

キロ5分半を切るくらいの中級ランナーが好むシューズです。クッション性もよく、軽いのでこのレベルの靴を履きこなせるようになるとランナーといえるのではないでしょうか。TSはトレーニング用、RSはレース用でトレーニング用が少し耐久性が良くなっていますが、それほど違いはありません。

 

TARTHER JAPAN

レベル:サブ3.5からサブ3に挑戦する人におすすめ
見た目:ランニングシューズとして格好いい
耐久性:中程度

このレベルのシューズは初心者は控えるべきである。経験者にとっては程よいクッション性ですが、初心者にとっては足を痛めてしまうかもしれません。このシューズを履けるレベルになると市民ランナーとしてランニング上級者といっても大丈夫です。

 

SORTIEMAGIC

レベル:サブ3からサブ2.5に挑戦する人におすすめ
見た目:玄人好みのランニングシューズ
耐久性:弱

このシューズは市民ランナーの憧れです。素人や初心者はその軽さから魅力的に感じるかもしれませんが、絶対に使ってはいけません。必ず足を壊します。せめてサブ3.5を達成し、足や全身を鍛えてからチャレンジしてください。

 

以上、ランニングシューズ〜2017年アシックス編〜について紹介してきましたがいかがでしたか?ランニングシューズは高ければ良いというわけはありません。自分のレベルにあったシューズを見つけるということが怪我を防ぐ最も大切なことですので、シューズ選びの参考にしてもらえればと思います。