【七色の誕生日占い】乃木坂46 生田絵梨花さんの性格や運勢を占って見ました


乃木坂46を代表するお嬢様キャラでありながら、時にはぬけたキャラもあり誰からも愛されている生田絵梨花さんを「七色の誕生日占い」で占って見ました。
今回、占いに使ったのは占いサイト「七色の誕生日占い」さんです。この占いは誕生日からその人の長所や短所、心の底に隠し持った性格、持っている運気、上下する未来の運勢、そして身にまとっているオーラを元にした誕生日カラーなど、表面的なことだけでなく宿命や深層心理に至るまでを占うことができます。

1月22日生まれの生田絵梨花さんの運勢
変化を好む、抜きん出た商才の持ち主
誕生日カラー:青

1月22日に生まれた生田絵梨花さんは、生涯を通じて自分自身にも周りにも変化を求め続けます。そのため、仕事が自分に合わないと感じれば次々と変え、納得できる居場所を探すことになりそうです。ただ、性格は活発で社交的、さらには生まれながらに持った類まれなる商才のおかげで、どこの会社に属することになっても利益をもたらし、重宝されます。会社としてはずっといてほしいと願いますが、まわりにも自分にも変化を求めるあまりに、少しでも現状に不満が出てくると次なる居場所を探す旅に出たくなりがち。自分の価値を認めてくれる人への感謝を忘れずに、恩返しすることを考えましょう。

また、夢をいつまでも追い求める理想主義者でありながら、現実をきちんと理解している性格の持ち主です。自分のあるべき姿を実現するために必死に努力して側面もあるでしょう。天才的なひらめきから生み出される豊富なアイディアが、努力によって発展し、大きなチャンスを掴む可能性があります。ただ一つ注意したいのは、変化を求めるあまり、自分で決めた目標やルールを破ってしまいがちな点。目移りが激しいと、せっかく目指した夢に到達することが難しくなるので注意しましょう。

恋愛面でも継続的な刺激を求める面があるため、特定の相手と長く付き合うというよりは、新しい相手とドキドキする時間を繰り返し味わいたいと思っているようです。長続きのコツは、お互いが共通して楽しめる趣味を持つ相手と付き合うことです。運命のパートナーは、長く友人関係だった中から出てくる可能性が高いようです。2人の仲は周囲から祝福され、トラブルなく結婚まで進めるでしょう。

生田絵梨花さんの長所
・商才がある
・手先が器用
・何事もやり遂げる強い意志がある

生田絵梨花さんの短所
・威張りがち
・自己中心的
・人の意見を素直に聞き入れない

相性の良い誕生日
4月21日 、5月13日 、6月18日、 8月16日、 11月29日、 12月23日

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

相性の悪い誕生日
1月16日、 4月17日、5月16日、 7月18日 、10月7日 、10月8日

生田絵梨花さんの運気や運勢
1月22日生まれの女性の運勢

1月22日生まれの女性の運気や運勢は、かなりの早熟パターンを取ると考えられます。若いうちに、一気に成功をつかみ取る運勢を持っていると言えるでしょう。逆に、若いうちになんの努力もせず無為に過ごすと、何も得ないままただ歳を重ねていくだけになってしまうおそれがあります。

性格的に親しみやすい一面を持っているため、男性からのアプローチは多いはずです。特に10代から30代のはじめまでの期間には、お付き合いする相手に不足することはないようです。しかし、男性を選ぶ基準が少し高いようで、デートでもマンネリ化は絶対に嫌だと思っている人が多く、相手が合わせることを拒否してくることで破局、といったことを繰り返すかも知れません。恋愛運が高いうちはそれでも良いでしょうが、あまり度が過ぎると対人運が落ちてきて、同性から嫌われるタイプになってしまうので注意しましょう。ですから結婚を考えるなら“20代のうちに”、が良いでしょう。

30代になって以降は、恋愛運も金運も、総合的な全体運もゆるりと下降を辿ることになります。ほんの小さな綻びがあり、徐々にミスやトラブルの度合いが増えて、問題が大きくなってくるでしょう。落ちていく運気を再上昇させることは難しく、55歳くらいまではある程度耐える精神性が必要になってきます。恋愛運が低下しても、決して出逢いがないわけではありません。心の隙間を埋めてくれる相手が現れたら、そのまま距離を詰めていっても良いでしょう。まだ大丈夫、自分はもっとやれるといった、根拠のない自信はあまり持たない方が良いでしょう。素直さが大切になってきます。

1月22日生まれの有名人
1561年1月22日 フランシス・ベーコン 哲学者/男性
イギリスルネサンス期の哲学者として知られています。「知識は力なり」という名言を残し、学問の体系化を構想した理想高き人物です。

1939年1月22日 千葉真一(ちばしんいち) 俳優/男性
学生時代に行ってた体操は、オリンピックを目指すほどのレベルだったそう。その経歴からアクションスターとして日本だけでなく世界の舞台で活躍しています。「サニー千葉」の芸名の方が良く知られているとも言えます。

1955年1月22日 高橋恵子(たかはしけいこ) 女優/女性
ドラマ・映画・舞台と幅広く活躍する、日本を代表する女優です。演技を追求するストイックな性格は後進の目標となっています。

1977年1月22日 中田英寿(なかたひでとし) 元サッカー選手/男性
幼い頃から世界を舞台にサッカー選手として活躍し、元日本代表も務めました。世界で戦うために数ヶ国語をマスターし操る努力の人でもあります。