漫画巻別紹介 あさひなぐ第1巻


【発売日】2011年4月28日
【ASIN】B00GXX4U7C
【出版社】小学館
【概要】
二ツ坂高校一年、東島旭(とうじま・あさひ)、15歳。中学まで美術部だった旭は、「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム!スポーツに縁のなかった人間でも全国にその名を轟かすことができる」といううたい文句に感激し、薙刀部に入部する。痴漢を蹴りで撃退する強き女、あこがれの先輩、宮路真春(みやじ・まはる)、同じ一年生で剣道経験者の八十村将子(やそむら・しょうこ)と長身が悩みの紺野さくら(こんの・さくら)…旭と仲間達“なぎなたガールズ”の強く!楽しく!!美しい!!!物語が始まる--
【ネタバレ注意】
新しい制服に身を包んだ二ツ坂高校1年生東島旭。今までとは違う私になると意気込んで高校へ向かうが電車の中で露出狂の変態オヤジに遭遇してしまう。結局オロオロしてしまう旭だが、美人な女子高生宮路真春が突如現れ変態オヤジを蹴り飛ばし退治してしまう。その謎の女子高生はお礼を言おうとする旭に「変態」という言葉を残して立ち去る。
部活動オリエンテーションで色々な部活紹介がおこなわれる中、薙刀部の紹介時に朝に出会った宮路真春がおり、綺麗な演舞を披露する。宮路真春は、部員による説明時に笑ったものに手を上げさせ、手を上げた旭を含む三人に放課後に武道場にくるように呼び出す。わけのわからないまま道着を着せられ、薙刀の振りを褒められ調子に乗せられ、そのまま入部を決断する三人、東島旭、紺野さくら、八十村将子。
体力増強の練習の中、インターハイ予選が始まる。薙刀人口は少ないため、インターハイ予選でも3回勝ち進めば東京代表となれる。二年生エース宮路真春の活躍により一回戦、二回戦と順調に勝ち進む二ツ坂高校であるが、決勝戦で國陵高校と争うことになる。負傷をしつつも宮路は勝利を収めるが、國陵高校の1年生エース一堂寧々の圧倒的な強さにより、二ツ坂高校は負けを期す。先輩たちを励ますつもりで旭は「一堂寧々なんて来年私がぶちのめしてやりますから!」と大声で叫ぶと近くに居合わせた一堂がその言葉を聞いていた。こうして旭と一堂のライバル関係がスタートすることになる。
3年生が引退し、新体制となった薙刀部だが、1年生もいよいよ本格的な練習が始まる。防具練習を開始することになるが、防具練習に進むには3分間縄跳びを飛び続けるという課題をだされる新入部員。縄跳びすらまともにできない旭であったが、縄跳びで一位になった新入生には防具一式が与えられるという餌に飛びつき旭は縄跳びの練習に励むことになる。課題試験当日の朝まで徹夜で旭はなんとか3分間縄跳びに成功したものの、三位に終わる。しかし、防具をゲットした八十村が旭の頑張りを認め、防具を旭に譲ることになった。