漫画巻別紹介 あさひなぐ第2巻


【発売日】2011年7月29日
【ASIN】B00GXX4UIQ
【出版社】小学館
【概要】
なわとびテストクリアで自らの防具を手に入れ、本格練習を開始した旭(あさひ)。しかし、それは悩める日々の始まりでもあった。同じ薙刀部一年で長身のさくらや剣道経験者の将子(しょうこ)と違って、自分には何の取り柄もない……。落ち込む旭にエース真春(まはる)が“必殺技”を伝授する。「3人いれば3通りの強さがある。それが薙刀よ。必要なものはひとつ――女は度胸。」ひたすら稽古に励み、少しずついろんな事が変わり始めた旭と二ツ坂高校薙刀部にビッグニュースが…猛烈剣士で旭のライバル(?)、一堂寧々(いちどう・ねね)がいる國陵高校との練習試合が決まったというのだ!!
大好評、なぎなた青春スポ根漫画、単行本第2弾!
【ネタバレ注意】
薙刀の防具一式を手に入れた旭、いよいよ本格的な練習が始まる。新入生の中でも八十村は剣道経験者で飲み込みが早い、紺野は長い手足でセンスが良い、一方旭は背も低く、センスもなく伸び悩む。そのなか、エースの宮路から薙刀では旭の背の低さから抜き技が向いているとアドバイスをもらい、成長の片鱗が現れ始める。
ある日、顧問の小林から練習試合を組んだとの話が舞い込む。しかも、その相手は一堂寧々率いる因縁の國陵高校であった。練習試合当日、旭は國陵なんて総合的に見れば格下!と息巻くといつものごとく、一堂寧々に聞かれ怒りを買う。しかし、一堂は旭には目もくれず宮路に戦いを挑む。
練習試合前の試合稽古で一堂との稽古をすることになった旭だが、全くなすすべなく一本をとられる。自分の弱さ、未熟さを認識するとともに一堂の強さを目の当たりにする旭であった。
練習試合では先鋒紺野、次鋒八十村、中堅野上、副将大倉、大将宮路の予定であったが、大倉が体調を崩し大倉のかわりに急遽旭が出場することになる。先鋒の紺野は薙刀を振り回し無様ながらもなんとか勝ちをもぎ取るも続く八十村、野上は続けて負けを期すことになる。いよいよ旭の出番であるが、初試合のため緊張し全く動くことができない。アクシデントにより鼻血を出してしまうが、それが緊張を緩和することになり抜き技で一本を取ることに成功したが、実力及ばず結局負けてしまう。大将戦の宮路対一堂戦は実力者同士の高レベルの試合になる。僅差で宮路が勝つことになったが、二ツ坂高校は総合で負けてしまう。