Amazonアソシエイトの登録申請が非承認になる理由!

みなさん、Amazonアソシエイトというプログラムをご存知ですか?

Amazonで販売されている商品を自分のブログやホームページで紹介し、その紹介ページから実際にAmazonで商品が購入されるとその広告料をいただけるというものです。
ブログを運営している方ならAmazonアソシエイトに登録している方も多いのではないでしょうか?
Amazonアソシエイトは誰でも使えるというものではなく、登録申請をしてその結果承認となったサイトのみ広告を使用することができます。
このような広告のひとつとしてGoogleアドセンスというものもありますが、Googleアドセンスは規定が厳格で承認も難しいと言われています。
AmazonアソシエイトはGoogleアドセンスに比べると承認されやすいといわれており、人気のプログラムです。

Amazonアソシエイトは承認制のため、簡単とはいえ審査があります。
この審査で非承認となる大きな原因がありますのでそれを紹介したいと思います。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

そもそもAmazonアソシエイトに承認されるにはどのような条件があるのでしょうか?
これは非承認になったときに送られてくるメッセージです。

この9つの項目を満たしていることが承認には大切だと書かれておりますが、実はこれに加えて承認を受けるにはもう一つ重要なことがあります。

それはアソシエイトに登録しようとしているAmazonアカウントがこれまでにAmazonの商品の購入などに使われているかどうかということです。

実はこのことが非常に大切です。事実、Googleアドセンスに承認となったブログサイトがのちにAmazonアソシエイトに登録しようとしたとき、新しい作りたてのAmazonアカウントを使用したことで非承認となることがありました。
その後、Amazonで取引のあったアカウントを使い、登録申請をしなおすとものの30分で承認がありたということがあります。

このようにサイトの内容的には全く問題のない場合でも登録に使用するAmazonアカウントが新規なものであれば非承認になることがあります。
もし、Amazonアソシエイトの登録申請で非承認を受けて困っている人がいましたら、ぜひ試してみてください。
もちろん、基本の9項目に従ってサイトを作るというのが大原則となります。