漫画巻別紹介 あさひなぐ第4巻


【発売日】2012年2月29日
【ASIN】B00GXX4UUO
【出版社】小学館
【概要】
鬼コーチ寿慶(じゅけい)が出した夏合宿最後の試練、“終わらない稽古”に旭(あさひ)と仲間達が挑む!「真春(まはる)先輩、私の理想は貴女(あなた)です」――憧れの先輩に近づくため、残る力すべてを振り絞って寿慶と対決する旭。仕上げの稽古はいかに幕を閉じるのか!?厳しい合宿を乗り越えた部員達の頬を伝った涙の名前とは……。コミックランキング続々イン!!期待と話題の一番星!!“なぎなたガールズ”青春スポコン漫画!!単行本第4弾!!
【ネタバレ注意】
地獄の夏合宿中の旭たちは新たな練習「円陣稽古」に挑む。円陣稽古とは部員全員が円になり、その円の中心で2名が試合をする、勝ったものは残り、負けたものは円に戻る。三連勝すれば稽古から抜けられるというものである。エースの宮路がすぐに抜けられると思っていたところ、コーチの寿慶が参加し宮路を打ち負かしてしまった。しかし、寿慶はその後旭にわざと負け、円に戻るのであった。つまり、寿慶がいる限り永遠に続く鬼稽古なのである。延々と続く円陣稽古の中で旭が、宮路を押しのけてまで寿慶に挑む。旭はこれまでの練習の成果を出し、あと一歩で一本をとれるというところで体力の限界で倒れる。旭を運び出すために寿慶が抜けたため、ようやく円陣稽古は幕を閉じる。
鬼のような夏合宿が終わったのち、旭たちはテレビ中継をされるインターハイを見ていた。テレビ中継では準決勝が中継されていたが、旭たちと対戦した國陵高校はすでに予選ブロックで敗退していた。國陵高校エースの一堂は憧れる熊本東高校の戸井田奈歩に話しかけるもあまり相手にされず、落ち込んでいた。そのような気持ちで臨んだ試合で一堂は負けを期し、國陵高校も敗退していたのであった。
日常生活に戻る二ツ坂高校薙刀部であったが、昇段審査の時期を迎えていた。宮路は前回の審査会で落ちた二段、野上と大倉は初段、一年生の三人は昇級試験を受けるため、練習に励むことになる。