漫画巻別紹介 あさひなぐ第5巻


【発売日】2012年5月30日
【ASIN】B00GXX4UW2
【出版社】小学館
【概要】
旭達一年生にとって初の公式戦である新人戦がやってきた。自分も団体戦に出られると知った旭が稽古に励む中、団体戦を巡って意見が対立する。卑怯でもチームのために引き分けを狙うという部長の野上とそれを否定する将子。どちらが正しいのか、答えの出せない旭は将子に居残り稽古を申し出る!旭の熱き剣が将子に向き合わせた悔恨の過去とは!?勝つ、負ける、引き分ける――旭が出した答えとは!?大好評、なぎなた青春スポ根漫画、単行本第5弾!
【ネタバレ注意】
旭たちの昇段審査が始まった。聖泉学院や國陵高校のメンバーもきている中、旭は聖泉学院一年生の薬師丸ひろ美と知り合う。ひろ美は体は大きいものの、旭と同じく運動神経が悪く、すぐに旭と打ち解ける。相対審査でひろ美と対面する旭は、ひろ美の驚異的な力に怯える。しかけ応じで順番を間違えてしまったひろ美に対し、勢い余って旭がスネをいれてしまう。そんなアクシデントもありつつも、二ツ坂高校薙刀部は全員審査を終了し、宮路は二段に、野上と大倉は初段、八十村と紺野は3級、旭は4級に合格した。
昇段審査も終わった二ツ坂高校メンバーは、新人戦でメンバー全員が出場することになりさらに練習に励んでいた。団体戦の話をしている時に主将の野上が団体戦の駆け引きで引き分けに持ち込む戦略を一年生に話すと、八十村が野上の考え方に納得できず反発する。実は八十村は中学生時代に剣道の団体戦での負けが心の傷として残っていたのだ。野上のチームに対する思いや旭との会話、中学時代の友人との再会で八十村のコンプレックスも打ち解け、新人戦へとチーム一丸で挑むことになる。