漫画巻別紹介 あさひなぐ第6巻


【発売日】2012年8月30日
【ASIN】B00H438GUM
【出版社】小学館
【概要】
ついに新人戦開幕!「今日の主人公は、私」――その言葉を胸に、二年チームと一年チームに分かれて団体戦トーナメントに挑む二ツ坂高校。超体育会系軍団や屈強男子チームを相手に団体戦を競り進む中で旭達一年に試練が…!勝ち進むには卑怯でも引き分けを狙って一点突破にかけなければならない。対戦相手から「恥ずかしくないの?」と聞かれた将子は「ちょっとな」と言いながら、大将・旭にすべてを託すが……。背負った重荷、押し殺した自分。旭、真剣の一振りをみよ。大好評、なぎなた青春スポ根漫画、単行本第6弾!
【ネタバレ注意】
新人戦に向けて練習に励む中、旭の小手がひどく傷んでいることに気づく。國陵高校一年生の的林の実家でもある防具屋に行くが、痛みがひどく直してもらえない。宮路の家で修理をすることになるが、そこには旭を想う宮路夏之が姿があった。小手の修理を試みるも夏之から小手のサイズがあっていないと指摘され、夏之の昔の小手をもらうことになる。
いよいよ新人戦が開始するが二ツ坂高校は二年生のAチームと一年生のBチームが出場することになった。Bチームの初戦は、気合いの入っている桜秀館大学付属高校。先鋒紺野は1本を取られ負けてしまうが、中堅の八十村は落ち着いた試合で2本勝ちをおさめる。大将の旭は緊張の中からだが動かず一本を先取されるが、宮路の言葉で落ち着きを取り戻し、振り返しで一本を取り引き分けることでBチームが勝利する。一方、Aチームの初戦の相手は東洋明和高校でメンバーはなんと全員男子であった。しかし、先鋒大倉、中堅宮路、大将野上は万全で二勝一分けと危なげなく勝利する。
Bチーム二回戦は藤ケ丘高校であるが、八十村と紺野はともに勝利をおさめる。意気揚々と望む旭であったが一本負けを期す。チームとしては勝利し、三回戦へと進む。Aチームも順当に勝利する。
三回戦の相手は、Aチームは深川南高校、Bチームは江東区連盟と相手も実力者揃いとなる。Bチームは先鋒紺野と中堅八十村がなりふり構わずに試合に挑み二引き分けに持ち込む。大将の旭は練習の成果を発揮することができ公式戦初勝利をおさめ、チームを勝利へ導くことができた。Aチームも勝利し、二ツ坂高校は両チームともベスト4へと駒を進めることになった。決勝で会おうと言葉を交わし、いよいよ準決勝となる。