【七色の誕生日占い】乃木坂46 齋藤飛鳥さんの性格や運勢を占って見ました


美人揃いの乃木坂46の中でも顔の小ささで言えばダントツ一位の齋藤飛鳥さんを「七色の誕生日占い」で占って見ました。
今回、占いに使ったのは占いサイト「七色の誕生日占い」さんです。この占いは誕生日からその人の長所や短所、心の底に隠し持った性格、持っている運気、上下する未来の運勢、そして身にまとっているオーラを元にした誕生日カラーなど、表面的なことだけでなく宿命や深層心理に至るまでを占うことができます。

8月10日生まれの齋藤飛鳥さんさんの運勢
全体を見渡せるリーダータイプ
誕生日カラー:赤

8月10日に生まれた齋藤飛鳥さんは、人並みに激動の人生を歩むことになります。事件や事故に巻き込まれることはありませんが、齋藤飛鳥さん自信が台風の目になることも多く、周囲の人を騒がせてしまう時期もあるでしょう。平坦な道を選んでいるつもりが、気がつくとゆっくりとした坂道の場合や曲がりくねった道であることもあります。そのため中高年になると自分の意思とは関係なく、良いご縁も悪いご縁も引き寄せてしまうので気をつけて下さい。意図的に誘導した結果でなくても、反感を買われてしまいます。齋藤飛鳥さんにとって楽な時代とは言えない時間は、新しいことに手を出すのは控えた方が良いでしょう。特に環境の変化を伴う引っ越しは良い影響を及ぼしません。

人生のベースとして経済的な明るさは存在するため、親元を離れて生活している方が財産を築く傾向にあります。その財産の中には現金も含まれていますが、他人に渡すことのできない才能や能力は引き継がれたものではなく、齋藤飛鳥さん自身が自分の手で発掘することになります。自分の興味ある対象。好きなものに囲まれて暮らしているうちに、齋藤飛鳥さんにしかできない技術を探し当てることになるのです。まるで宝探しにでも出かけるような話ですが、間違いなく自分のものとして習得できるはずです。最初は孤独な旅立ちかもしれませんが、齋藤飛鳥さんの人柄に惹かれた人達が後から追いかけてくるので1人ではありません。野菜を植えるための畑は柔らかくしておくのが普通です。水分が多すぎても養分が多すぎても、美味しい野菜は育たないのです。一見格好の悪い自分だと感じる姿は、これから上を目指そうとする後輩たちのお手本となるでしょう。

齋藤飛鳥さんの長所
・他人の弱点に気付く直感力
・献身的
・悔しさを力にできる

齋藤飛鳥さんの短所
・細かい部分が雑
・自分のペースが崩れたらパニック
・金勘定が苦手

相性の良い誕生日
1月10日、6月22日、6月28日、9月10日、10月13日、12月31日
相性の悪い誕生日
4月29日、5月14日、6月20日、11月11日、11月27日、12月25日

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

齋藤飛鳥さんの運気や運勢

8月10日生まれの女性の運勢
8月10日生まれの齋藤飛鳥さんの運気や運勢は、20代後半~40代前半が全盛期です。何もかもがトントン拍子で進むわけではありませんが、恋愛に関しては願っていたような言葉を耳にすることになるでしょう。それは嬉しい反面で覚悟も必要になりますが、愛の世界において素晴らしい体験をすることができるはずです。他人から見れば取るに足らない出来事でも、齋藤飛鳥さんからすれば心が弾むような感覚を彷彿させるのです。しっかり愛情を掴み取ることのできる時期なので、思い切って手を伸ばすことが大切です。また、失っていた愛が再会を果たして、希望を取り戻せる人も現れます。過去の恋愛において隠していた弱みを公開することで、相手の傷も癒すことができるかもしれません。本心を話すことは相手や自分に負けた気がします。でも、それは未熟な人が弱さを見せるのではなく、自分の内面に素直な人だけに与えられた特権なので、強がるのは止めて甘えれば良いのです。

仕事運は50代にならなければ、本当の楽しさを感じられないでしょう。もちろん働く喜びや遣り甲斐は身を持って確かめることができますが、自分の心が満足する仕事に携わるにはそれなりの準備期間を経なければなりません。それまで周囲の人に足並みを揃えなければならない時期があるため、齋藤飛鳥さん1人だけが抜け駆けをするわけにはいかないのです。そのため長い間、自分以外の誰かのために時間を費やすことになります。若い人から見れば50代は遠い別世界のような気持ちになるかもしれませんが、頼って多くの人が連絡してくるのでゆっくりと過ごすことは難しいでしょう。そして周囲の人の声に応えているうちに、順番が回ってくるのです。

1938年8月10日 黒田杏子(くろだきょうこ) 俳人/女性
1982年「木の椅子」で現代俳句女流賞・俳人協会新人賞。1995年「一木一草」で俳人協会賞。2011年「日光月光」で第45回蛇笏賞を受賞しました。句集以外にも歳時記や俳句の楽しみ方に関する書籍を出版しています。俳誌「藍生」を主宰。

1968年8月10日 北澤豪(きたざわつよし) 元サッカー選手/男性
本田技研サッカー部へ入部後、読売クラブ・ベルディ川崎・東京ベルディ1969で活躍しました。現在はフットサルチームの監督と日本サッカー協会特任理事兼国際委員を兼任。サッカーゲーム「ウイニングイレブン」の解説も担当しています。

1981年8月10日 安倍なつみ(あべなつみ) 歌手/女性
元モーニング娘。「仔犬のワルツ」単発ドラマ「ラストプレゼント」で主演。卒業後も「嵐が丘」「ドラキュア」耳なし芳一」などの舞台・ミュージカルを中心に出演しています。野菜ソムリエ・ジュニア食育マイスターの資格を取得。

1984年8月10日 速水もこみち(はやみもこみち) 俳優/男性
「逮捕しちゃうぞ」でデビュー後、「ごくせん」で人気に火がつきました。3代目浅見光彦として月曜ゴールデンに出演。レシピ本「MOCO`Sキッチン」はフランスグルマン世界料理本大賞日本料理部門でグランプリを受賞しました。