【おすすめ漫画第1巻紹介】カガミガミ、岩代俊明

勇敢なる式神つかいと心優しき探偵の物語、開幕!! 都内の櫻ヶ守公園内で起きた、4人の少年のバラバラ殺人事件!! 人の手では到底なしえない犯罪に、調査のため、式神つかいの少年・嘉神恭介が派遣される。現場で出会った探偵の美好マコと共に犯人を捜し始める恭介。だが、彼らに犯人の危険な式神が襲いかかり…!?

出版社: 集英社 (2015/6/18)
ASIN: B00ZFIIPW2

【見どころ】
「サイレン」で一躍有名漫画作家となった岩代俊明の作品。描画は抜群で見るものを惹きつける。式神使いとして活躍する主人公の嘉神恭介が少しだけ不思議な能力を持つ迷探偵ヒロイン真子と式神が引き起こす難事件を解明していく物語。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カガミガミ 1【電子書籍】[ 岩代俊明 ]
価格:400円 (2017/9/17時点)

 

【第1巻紹介】ネタバレ注意あらすじ
式神(シキガミ)とは物体に憑依し、術者によって使役される妖霊、神である。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

小さい頃から人や動物を探す不思議な能力があった美好真子。子供のころに行方不明の子供を探し出したことから新聞に載り、持てはやされたことで名探偵を目指すことに決めた。12年後本当に探偵になった真子であるが、仕事もない日々が続いていた。その中、4人がバラバラに惨殺されるリッパー事件が世間を賑わせていた。真子はこの事件を解決し、有名になろうと事件現場に駆けつける。当然、現場への出入りを禁止されるがどうにか忍び込んだ現場には一人の少年がいた。その少年は式神協会から派遣された式神使いの嘉神恭介であった。恭介は霊獣天狐の白天丸とともにこの時間の捜索にきていたのだ。恭介が式神使いや式神について真子に説明していた時、突如リッパーが二人の前に現れる。攻撃を仕掛けてきたリッパーに対し恭介は式神の羅生丸を使い立ち向かう。リッパーの式神使いを見つけださなければならない中、真子が不思議な能力で式神使いの居場所を突き止めた。リッパーとその式神使いと戦うことになった恭介は白天丸を自分自身に憑依させるハイパーモードとなって戦う。式神憑依白天丸の強さは圧倒的でリッパーを一撃で仕留め、真子は式神使いを捕らえることに成功した。

東京に住むことを予定していた恭介に対し真子は探偵事務所で一緒に住むことを提案する。恭介と一緒に仕事をすることで名探偵になれるのではないかとの魂胆からであった。一緒に住むことになった真子と恭介と白天丸であったが、真子の稼ぎがなかったことから家賃を滞納しており、大家さんが家賃の請求に現れた。大家さんはペットの猫を時間内に探し出すことができれば家賃の支払いを二週間延長するとの条件を出す。

真子は不思議な能力で猫を探そうとするも能力は現れず結局見つけることはできなかった。時間切れかと思われたところに恭介が現れ、猫を見つけたと言う。恭介は式神を使って近所の猫を全て連れてきたのであった。その中には大家の飼い猫がおり、無事家賃の延長が認められた。

リッパー事件の式神使いの自供から式神が絡む怪事件にはホローラビットという黒幕がいることを式神協会のメンバーが突き止める。恭介に協力を求めに探偵事務所を訪れた式神協会の烏丸は協会からの任務と式神使いとの仲介を果たすブローカーであった。烏丸は任務として恭介にホローラビットを捕獲するように任務を課す。

一方、式神協会からおなじ任務を課されていた獅土景一はすでにホローラビットに接触していた。ホローラビットの捕獲に向かう恭介と烏丸が現場に到着した時、獅土はホローラビットにやられかけていた。恭介は白天丸を憑依させ、ホローラビットと戦う。ホローラビットが出した分身には羅生丸とコダマで対抗し、白天丸とホローラビットとの戦いが始まるが白天丸の強さにホローラビットは負けを期す。

この任務で得た報酬で探偵事務所の家賃を無事払うことができた。高校には行かないつもりであった恭介だが周りの勧めで式神協会と繋がる高校に通うことになったが、この高校には不思議な現象が起こっており、新たな物語が始まるのであった。