あの豊田真由子議員、報道番組 Mr.サンデーで謝罪!

このはげー!、ちーがーうーだーろ!、そしてミュージカル風の殺人予告

などで一躍時の人となり、バッシングの嵐にさらされていた豊田真由子様、ちがう、豊田真由子議員が17日のMr.サンデーにVTRで出演し一連の騒動に対して謝罪をおこなった。

インタビューにはキャスターの宮根誠司(54)が担当。
豊田議員は騒動後にテレビ出演は今回が初めてでどのようなコメントを残すのかが注目となった。
豊田議員は「きちんとお話をして、おしかりとかご批判などをいただきながら、自分の声でご説明を早めにしなくちゃいけないと思いました」といい、椅子から立ち上がって「本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

宮根キャスターの「あの言葉遣い、あれはもうダメじゃないですか?」との問いには豊田議員は「本当にダメです。自分がゼロからつくりあげてきた地元の方との信頼関係とか絆とか。地元の大事な地域を守ろうっていうものを自分でぶち壊しちゃったことになるので本当に悔やんでも悔やみきれません。」と答えた。「きょう冒頭に申し上げないといけないと思っていましたが、申し訳ないです。どれだけ傷つけたかと思うと本当にいたたまれないです」と元秘書に対しては反省の言葉を述べた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

現在は入院中で宮根からの「ご家族の方とはお会いしていますか?」という質問には「電話はします。会いたいですが、でも自分がやってしまったことの報いです」と辛い表情で述べた。

この出演をきっかけにまた政界へ復活し、政務活動を再開する予定なのでしょうか?
もし、このまま政治活動をやめるのであれば、身を潜めたままがよいと考えられますが、
テレビで謝罪をするということは政務活動に復帰したいとの気持ちの表れであると予測されます。
しかし、今回の報道でのイメージが強すぎて今後の活動が今までのようにおこなえるかは疑問です。

この暴言議員が本当に政治家として優秀なのかはこれからの活躍しだいになるかもしれません。