ランニングシューズ 〜2017年アディダス編〜

前回アシックスのランニングシューズを紹介しましたが今回はアディダスです。アシックスのユーザーは、見た目は二の次で機能面を重視している傾向が強くかんじます。一方、ランニングシューズ界においてアシックスと二大巨頭をなすアディダスは機能面に加え、おしゃれなものも多く、人気が高いモデルが揃っています。アシックスに比べると比較的効果なものもありますが、非常に人気のメーカーです。今回も2017年に発売中のアディダス製ランニングシューズの選び方について紹介します。

Pure boost ZG Mesh

レベル:ウォーキングから始めたい人から中級者まで幅広くおすすめできます
見た目:かなり良い
耐久性:良い
見た目もおしゃれで耐久性も高く、幅広いレベルの人に対応できます。ランニング中級者には練習用に、初心者には普段履きを含めた練習用に使用できます。

Snova Glide boost 3

レベル:初めてフルマラソンに挑戦する人におすすめ
見た目:カラーを選べば普段使いも可能
耐久性:かなり良い
クッション性、足首のホールド感、耐久性が抜群です。クッション性を高めるため重量は重くなっていますが、ランニングを開始したばかりの人にはこのクッション性が怪我を防ぐためには必要になります。本格的にランニングを始めたい人がまず選ぶべきシューズです。

adizero Japan boost 3

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

レベル:サブ4に挑戦する人におすすめ
見た目:このレベル以上からランニングシューズ特有の派手さがあります
耐久性:中程度
adizero Japan boostシリーズはアディダスのランニングシューズの中でも圧倒的に人気の高いシリーズです。このシリーズを履いた選手が当時の世界記録を打ち出したこともあり世界的に有名になったシューズです。サブ4を目指すには全メーカーの中で最もおすすめするシューズの一つです。

adizero takumi ren boost 2、adizero takumi sen boost 2

レベル:サブ3.5からサブ3に挑戦する人におすすめ
見た目:ランニングシューズとして格好いい
耐久性:軽さのため低い
アディダス製ではハイレベルはランニングシューズです。このレベルのシューズは初心者は控えるべきである。経験者にとっては程よいクッション性ですが、初心者にとっては足を痛めてしまうかもしれません。アシックスの上位シューズと同様、このシューズを履けるレベルになると市民ランナーとしてランニング上級者といっても大丈夫です。

以上、ランニングシューズ〜2017年アディダス編〜について紹介してきましたがいかがでしたか?ランニングシューズは高ければ良いというわけはありません。自分のレベルにあったシューズを見つけるということが怪我を防ぐ最も大切なことですので、シューズ選びの参考にしてもらえればと思います。