絶対ダメ!酒気帯び運転と酒酔い運転について詳しく調べてみた


某アイドルが酒気帯び運転とひき逃げで逮捕されました。

酒気帯び運転や酒酔い運転による悲惨な事故がニュースで幾度となく流れているにも関わらず、一向になくなる気配がありません。

事故を起こした場合、被害者への補償はもちろんですが、自分自身や家族、勤めている会社への影響も計り知れないものがあります。

今回は、酒気帯び運転と酒酔い運転について詳しく調べてみました。

この記事を読んで、飲酒運転について十分に理解していただければと思います。

【飲酒運転と酒気帯び運転、酒酔い運転の違い】

飲酒運転

いわゆる「飲酒運転」というのは、次に説明する「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」を総称したものです。

酒気帯び運転

酒気帯び運転は、呼気1リットル中にアルコールが0.15mg以上含まれたまま運転することです。

酒酔い運転

酒酔い運転は、正常な運転ができない状態で運転することです。

ということは、法律的に少量のお酒を飲み、呼気アルコール濃度が0.15mg/L未満なら運転しても違反にはならないということになります。

検問や事故時のアルコール濃度の測定では、アルコールを飲んでいても規定の濃度以下では酒気帯び運転で捕まることはなく、実際にビール1缶を飲んで運転しても、飲酒検問にひっかからないということは多々あります。

一方で、酒に弱くアルコール濃度が低い状態でも正常に運転できずに酒酔い運転として逮捕されるケースがまれにあるようです。

ただ、酒に強く、いくら規定量以下のアルコール濃度であったとしても、酒を飲んだら車を運転しないというのが常識であることは認識しなくてはいけません。

【酒気帯び運転と酒酔い運転の行政処分と刑事罰】

酒気帯び運転

酒気帯び運転は、呼気1リットル中にアルコール量によって刑事罰が2段階にわかれています。

【呼気1リットル中アルコール量が0.15mg以上0.25mg未満】
違反点数13点
刑事罰3年以下の懲役、または50万円以下の罰金

【呼気1リットル中アルコール量が0.25mg以上】
違反点数25点
刑事罰3年以下の懲役、または50万円以下の罰金

酒酔い運転

違反点数35点
刑事罰5年以下の懲役、または100万円以下の罰金

仮に交通違反の前歴がなかった場合でも、
0.25mg未満で免許停止90日
0.25mg以上で免許取り消し2年
酒酔いで免許取り消し3年
となります。

当然、違反点数の前歴がある場合には違反点数によって、取消期間が増えることになります。

【同乗者、車両提供者、酒類の提供者に対する刑事罰】

飲酒運転では運転手だけでなく、同乗者、車両を提供したもの、運転者に酒類を提供したものに対しても厳しい刑事罰が設けられています。

同乗者に対する刑事罰

・酒気帯び運転【2年以下の懲役/30万円以下の罰金】
・酒酔い運転【3年以下の懲役/50万円以下の罰金】

車両提供者に対する刑事罰

・酒気帯び運転【3年以下の懲役/50万円以下の罰金】
・酒酔い運転【5年以下の懲役/50万円以下の罰金】

酒類の提供者に対する刑事罰

・酒気帯び運転【2年以下の懲役/30万円以下の罰金】
・酒酔い運転【3年以下の懲役/50万円以下の罰金】

【アルコールの飲酒量と呼気中濃度の関係】

では実際にどのくらいアルコールを飲めば、酒気帯び運転となるのでしょうか?

これは、個人の体質や体の大きさにより変わるので一概に値を示すことはできません。

ただ、目安として下記の計算例を紹介したいと思います。
※あくまでも計算の一例であり、これを参考に運転をしてはいけません。

呼気中のアルコール濃度=[飲酒量(ml)×アルコール度数(%)/{833 × 自分の体重(kg)}]×5

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

例えば、ビール350mLを体重60kgの人が飲んだ場合
[350 x 5 / (833 x 60)] x 5 = 0.175
つまり、呼気中濃度が 0.175mg/L となり、場合によってはビール1缶でも立派な酒気帯び運転となります。

もちろん計算の一例ですが、昔はビール一杯ぐらいは大丈夫という風習もありましたが、今は時代が違うということを認識しなくてはなりません。

【呼気検査は拒否できるのか?】

飲酒検問などで呼気検査を拒否することはできるのでしょうか?

結果からいうと、拒否はできませんし、拒否すれば呼気検査拒否罪という処罰がくだされます。

呼気検査拒否罪

道路交通法67条3項

車両等に乗車し、又は乗車しようとしている者が第六十五条第一項の規定に違反して車両等を運転するおそれがあると認められるときは、警察官は、次項の規定による措置に関し、その者が身体に保有しているアルコールの程度について調査するため、政令で定めるところにより、その者の呼気の検査をすることができる。

道路交通法108条の2

第六十七条(危険防止の措置)第三項の規定による警察官の検査を拒み、又は妨げた者は、三月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

呼気検査を拒否しても、令状が発行され、警察は強制的に血中濃度を測定することになります。

酒を飲んでいる場合には、結果的に飲酒運転が適用され、さらに呼気検査拒否罪が追加されるので呼気検査はたとえ酒を飲んでいたとしても拒否してはいけません。

【お酒以外でも飲酒運転になる?

お酒を飲んでなくてもアルコール分がふくまれている食品や飲み物を食べる場合には気をつけなければいけません。

お酒以外のものでは、酒気帯び運転になるにはかなりの量を摂取しなければ問題にはなりませんが、極度にお酒に弱い人は気を付けましょう。

1. 酒粕(さけかす)
酒かすは10%弱(8から9%程度)のアルコールを含みます。
2007年、神戸市立小学校の教諭が酒かす汁を2杯飲んだ後、運転をしたところ、呼気アルコール濃度が0.15mg/L検出され酒気帯び運転で送検されています。
参照:酒かす汁2杯食べて 「飲酒運転検挙」の真相

2. お酒を含むお菓子類
ウイスキーボンボンなどのチョコレートやケーキ類にもお酒が使われています。
よほどのことがなければ大したアルコール量ではありませんが、運転する場合には気をつけておくことにこしたことはありません。

3. 奈良漬
奈良漬にもアルコールが含まれています。
アルコールが5%程度ふくまれている奈良漬なら、50から70切れを食べると酒気帯び運転になることがあります。

4. 甘酒
甘酒には米麹と酒麹を使ったものがあります。
米麹を使ったものは問題ありませんが、酒麹をつかった甘酒には少量ですが、アルコールが含まれます。
甘酒によってはある程度のアルコールが含まれる場合がありますので、運転をする場合にはどのような麹をつかっているのか、アルコールが入っているのかを確認する必要があります。

5. ノンアルコール飲料
飲酒運転を避けるために、ノンアルコールビールを飲む人も多いかと思います。
しかし、この「ノンアルコール」という表示には気をつけなければいけません。
1%未満の濃度のアルコールならば、その飲み物はノンアルコールと表示できるのです。
濃度的には低いため、酒気帯び運転になることは少ないかもしれませんが、アルコールが含まれる場合があることを知っておく必要がありますね。

6. 栄養ドリンク
栄養ドリンクにも1%未満のアルコールが含まれている場合があります。
ノンアルコール飲料と同じようにアルコールが含まれていることを認識しておきましょう。

【自転車でも飲酒運転で捕まるの?】

自動車の飲酒運転について説明してきましたが、自転車では飲酒運転はどうなるのでしょうか。

自転車は道路交通法上、軽車両に分類されれっきとした車両となります

ですので、飲酒運転は禁止されています。

しかし、自動車と異なる点があります。

それは自転車の場合、酒気帯び運転は罰則がなく、酒酔い運転のみ罰則となることです。

酒気帯び運転での罰則がないということは、呼気中からアルコールがいくら検出されてもそれで罰せられることはなく、飲酒により正常な運転ができない場合に飲酒運転になるということです。

酒酔い運転のときの罰則は自動車と同じく、5年以下の懲役、または100万円以下の罰金と厳しい罰則が与えられます。

アルコール濃度の測定がないとはいえ、おまわりさんに止められれば注意されますので、自転車といえどもやはり飲酒運転は厳禁ということです。

飲み会に自転車で行くときは、帰りはおして帰らなければいけないことは知っておきましょう。

【まとめ】

今回、酒気帯び運転や酒酔い運転についてくわしく紹介しました。

とにかく、「飲んだら乗らない」ということが前提ですが、基本的な法律などは運転をするものとして知っておくべきでしょう。